民間住宅ローンのメリットについて

民間住宅ローンのメリットについて@

■借換えでも利用可能
フラット35(買取型)や財形住宅融資では、
ローンの借換えはできませんが、
民間住宅ローンなら可能です。

 

■緩やかな収入基準
民間住宅ローンは、フラット35(買取型)などと比べて
収入基準が緩やかに設定されているので、
条件が整えば借入希望額の全てを満たすこともできます。

民間住宅ローンのメリットについてA

■対象物件への少ない規制
フラット35や財形住宅融資の場合ですと、
面積や価格など物件の条件が厳格に決まっていますが、
民間住宅ローンではほとんど制限はありません。

提携ローンと非提携ローンとはどう違うのですか?

■提携ローン
提携ローンというのは、
不動産会社が金融機関と提携して、
販売する物件に融資枠が設定されているものです。

 

これには、民間の提携ローンが単独で設定されている場合と、
フラット35(買取型)と併用する形で設定されているものがあります。

 

提携ローンですと、
あらかじめ融資額が決まっていることが多いので、

 

資金計画を立てるのが容易だったり、
ローン手続きがスムーズにいくといったメリットがあります。

 

■非提携ローン
非提携ローンというのは、
不動産会社を通さないで利用者が
自分で銀行などの金融機関と折衝して契約するものをいいます。

 

非提携ローンのメリットとしては、
より有利なローンが自分で選べることや、

 

自営業で銀行との取引実績などがある場合には
有利な融資条件で契約できる場合があるなどです。

 

しかしながら、デメリットとしては、
融資額の見積もりから返済計画まで自分で判断し、
銀行へ何度も通ったりと手間や時間がかかることがあります。

 

スポンサーリンク